名古屋大学 生物機能開発利用研究センター

総説

2017年

  • Rosalyn B, Angeles-Shim, Motoyuki Ashikari. (2017) Advances in molecular breeding techniques for rice. Achieving sustainable cultivation of rice Volume1 p27-49 Burleigh dodds science publishing.

2016年

  • 別所-上原奏子、古田智敬、芦苅基行(2016)「ホルモンと作物-イネの芒はどうして喪失したか?~植物ホルモンの関係~」生物の化学 遺伝、Vol.70, No.5, 366-370.
  • 永井啓祐、黒羽剛、芦苅基行(2016)「浮きイネ生存戦略におけるジベレリン応答性因子の検索」科学と生物、Vol.54, No.3, 198-204.

2015年

  • 永井啓祐、黒川裕介、土井一行、芦苅基行(2015)「ゲノム情報を利用したイネの育種」国際農林業協力、Vol.38, No.3, 2-11.

2013年

  • 上原奏子、芦苅基行(2013)「ストリゴラクトン様化合物カロラクトンの新たな生合成経路」 『化学と生物』、Vol.51, No.5, pp277-279.
  • 黒川裕介、上原奏子、芦苅基行(2013)「植物科学の研究成果を利用するイネ育種プロジェクト」植物の成長調節、Vol.48, No2, 169-171.
  • 芦苅基行(2013)「植物ゲノム研究で世界の食糧危機を救う」宙舞(自動車技術会中部支部報、No.72

2011年

  • 三浦孝太郎、北野英巳、芦苅基行(2011)「穂を大きくする遺伝子の発見とその応用」月刊食料と安全、第9巻
  • 永井啓祐、服部洋子、芦苅基行(2011)「イネの洪水における異なる2つの生存戦略」化学と生物、Vol.49(4):222-224.
  • 三浦孝太郎、北野英巳、芦苅基行(2011)「イネ収量増加遺伝子の発見-穀物増産を通した食糧危機回避へチャレンジ-」農林水産技術研究ジャーナル、Vol,34 No,4:23-26.
  • Hattori Y, Nagai K, Ashikari M. (2011) Rice growth adapting to deepwater. Curr. Opin. Plant Biol. 14:100-105.

2010年

  • Nagai K, Hattori Y, Ashikari M. (2010) Stunt or elongate? Two opposite strategies by which rice adapts to floods. J Plant Res. 2010 May;123(3):303-9.
  • 服部洋子, 芦苅基行 (2010) 「東南アジアなどで栽培される浮イネの洪水回避機構の解明」 BRAINテクノニュース、生研センター、137:17-22.
  • 服部洋子、永井啓祐、芦苅基行(2010)「エチレン応答における遺伝子発現制御」、植物のシグナル伝達-分子と応答-、共立出版、126-132.

2009年以前

  • 三浦 孝太郎, 芦苅 基行 (2008)「パラミューテーション」 細胞工学 別冊 植物細胞工学シリーズ24 植物のエピジェネティクス. 136-143.
  • 服部洋子, 芦苅基行 (2008) 「イネゲノム研究の成果を利用した穀物育種の可能性」 蛋白質 核酸 酵素、共立出版、53, (14) 1881-1888.
  • 浅野賢治、最相大輔、芦苅基行、松岡信 (2007) 「草型変異からみたイネとオオムギの栽培化」 蛋白質・核酸・酵素、特集:栽培植物の分子生物学、共立出版、52, (15) 1931-1936.
  • 芦苅基行、松岡信 (2007) 「分子遺伝学が拓く新しい作物の育種」 学術月報、特集:遺伝学、日本学術振興会、60, (11) 54-58.
  • Matsuoka, M. and Ashikari, M. (2007) A quantitative trait locus regulating rice grain width. Nature Genet., 39, (5) 583-584.
  • Ueguchi-Tanaka, M., Nakajima, M., Ashikari, M. and Matsuoka, M. (2007) Gibberellin receptor and its role in gibberellin signaling in plants. Annu. Rev. Plant Biol., Annual Reviews, 58, 183-198.
  • 上口(田中)美弥子、芦苅基行、中嶋正敏、松岡 信 (2006) 「ジベレリンの核内受容体の単離とシグナル伝達」 蛋白質・核酸・酵素、共立出版、51, (15) 2312-2320.
  • 芦苅基行、榊原均(2006)「分子育種を利用したイネの生産性向上-植物ホルモン機能を利用したアプローチ-」植物の生長調節 41(2), 108-112.
  • 芦苅基行、松岡信 (2006) 「豊作遺伝子の発見で「第2の緑の革命」へ」 Bionics「特集:植物のかたちづくりの科学」、株式会社オーム社、4, 32-37.
  • Ashikari, M. and Matsuoka, M. (2006) Identification, isolation and pyramiding of quantitative trait loci for rice breeding. TRENDS in Plant Sci., Elsevier, 11, (7) 344-350.
  • Ashikari, M. and Matsuoka, M. (2005) QTL Detection and Application to Plant Breeding. ISB News Report, Information systems for Biotecnology, 7-9.
  • 芦苅基行 (2004) 特集記事「イネ矮性遺伝子の機能解明と穀物育種」 育種学研究 6, 239-245.
  • Ashikari, M., Katayose, Y., Yamanouchi, U., Monna, L., Fuse, T., Sasaki, T. and Yano, M. (2004) Map-based cloning of the Hd1 gene controlling photoperiod sensitivity in rice. Advances in rice genetics. 230-233.
  • 芦苅基行、松岡信 (2004) 「草型制御機構の解明と育種的利用」 農林水産技術研究ジャーナル、「特集:イネゲノム解析が拓く未来」、社団法人農林水産技術情報協会、27, (7) 33-38.
  • 松岡信、芦苅基行 (2004) 「イネの伸長制御と分子育種」 植物の生長調節、植物化学調節学会、38, (1) 74-84.
  • 芦苅基行、松岡信 (2004) 「ジベレリン情報伝達」 細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ20「新版、植物ホルモンのシグナル伝達」、秀潤社 (3) 85-96.
  • Miwa, M., Inukai, Y., Satoh, K., Itoh, M., Katayama, Y., Ashikari, M., Matsuoka, M. and Kitano, H. (2003) Mapping the rt(root growth-inhibiting) gene of rice by RFLP markers. Advances in rice genetics, IRRI, 314-316.
  • Ashikari, M., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M. and Matsuoka, M. (2003) Gibberellin response and signal transduction. Gamma field symposia, Institute of Radiation Breeding, NIAS, 42, 13-24.
  • 芦苅基行、松岡信 (2003) 「タンパク質分解を介したジベレリンの情報伝達」 生化学、社団法人日本生化学会、75, (11) 1453-1456.
  • Ashikari, M., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Sasaki, A., Gomi, K., Kitano, H. and Matsuoka, M. (2003) Gibberellin signal transduction in rice. J. Plant Growth and Regul., Springer New York, 22, (2) 141-151.
  • Ashikari, M. and Matsuoka, M. (2003) Mutation in a gibberellin biosynthetic gene, GA20 oxidase, contributed to the rice Green Revolution. Rice Science : Innovations and Impact for Livelihood 333-343.
  • 芦苅基行、松岡信 (2003) 「短桿を科学する」 農業技術、農業技術協会、58, (4) 156-160.
  • Ashikari, M. and Matsuoka, M. (2002) Application of rice genomics to plant biology and breeding. Bot. Bull. Acad. Sin., Institute of Plant and Microbial Biology, 43, (1) 1-11.
  • 伊藤博紀、上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡 信 (2002) 「ジベレリンの情報伝達」 蛋白質・核酸・酵素、共立出版、47, (12) 1676-1681.
  • 西村明日香、芦苅基行、松岡 信 (2002) 「イネ研究の現状と展望」 蛋白質・核酸・酵素、共立出版、47, (12) 1476-1481.
  • 松岡 信、芦苅基行、北野英己 (2000) 「イネ茎伸長の分子メカニズムの解明」 育種学最近の進歩、日本育種学会編、養賢堂、42, 34-37.
  • 芦苅基行、上口(田中)美弥子、伊藤博紀、松岡 信 (2000) 「イネ突然変異体を用いたGA生合成・情報伝達の研究」 植物の化学調節、植物化学調節学会編、35, (2) 130-137.
PAGETOP