名古屋大学 生物機能開発利用研究センター

業績一覧

  • HOME »
  • 業績一覧
主な業績の一部をご紹介致します。全ての業績は、右メニューの先のページをご覧ください。

主要論文

総説

  • 上原奏子、芦苅基行(2013)「ストリゴラクトン様化合物カロラクトンの新たな生合成経路」 『化学と生物』、Vol.51, No.5, pp277-279
  • 黒川裕介、上原奏子、芦苅基行(2013)「植物科学の研究成果を利用するイネ育種プロジェクト」植物の成長調節、Vol.48, No2, 169-171
  • 芦苅基行(2013)「植物ゲノム研究で世界の食糧危機を救う」宙舞(自動車技術会中部支部報、No.72

著書

  • Ashikari, M. and Sakamoto T. (2007) Rice yielding and plant hormones. Rice Biology in the genomics Era Biotechnology in Agriculture and Forestry. Springer.
  • Ashikari, M., Matsuoka, M. and Masahiro Y. (2007) Application of Functional Genomics Tools for Crop Improvement. Rice Functional Genomics: Challenges, Progress and Prospects, Springer, 411-423
  • 芦苅基行 (2007) 「「第2の緑の革命」に向けて」、植物の生存戦略 朝日選書、211-228.

特許

  • 「植物体の子実増大機能を有する遺伝子及びその利用」 発明者:芦苅基行、宋献軍 出願人:国立大学法人名古屋大学 出願番号:2011-255357 出願日:2011/11/22 (知財部受理日):K20100335
  • 「一次枝梗数を制御する遺伝子及びその利用」 出願人:国立大学法人名古屋大学 発明者:芦苅基行、北野英巳、三浦孝太郎 (名古屋大学)  特許出願2009-167734(出願日 平成21年7月16日) 国際出願番号:PCT/JP2010/062119 (出願日 平成22年7月16日)
  • 「 冠水応答関連遺伝子及びその利用 」 出願人:国立大学法人名古屋大学、独立行政法人農業生物資源研究所 発明者:芦苅基行、服部洋子(名古屋大学) 、呉建忠、松本隆(農業生物資源研究所) 特許出願2009-031885(出願日 平成21年2月13日) 国際出願番号:PCT/JP2010/052074(出願日 平成22年2月12日)

メディア他

PAGETOP